shameless! 目指せ株で小遣い一億

~目指せ小遣い1億!資産運用結果をすべて晒すブログ~

shameless!ブログヘッダ

元手も経験も不要!ラクして私が年間100万円の不労収入を得続けている方法


Ads by Google

この記事の対象は・・・
投資経験:なし☆☆☆☆☆~★☆☆☆☆少ない

 

みなさん、こんにちは。master_kです。

 

今日は不労収入の話をします。


突然ですが、みなさん不労収入を得たいなー。と思ったことはありませんか?

 

それも、元手ゼロ、スキルや経験もゼロで。。。

 

ちなみに、筆者は元手ゼロ、スキルも経験もゼロ、周囲にやり方を教えてくれる人もゼロの状態から独学で始め、

 

今では多い年で200万円以上の儲けがあり、しかも、年々儲けが増えてきています。

 

今回はその方法を説明しようと思います。

 

とは言え、月にして約20万円の収入が、ほったらかしで入ってくるというのですから、にわかに信じられないと思います。

 

かく言う私もまさか、こんなに簡単とは思っていませんでした。

 

その方法とは・・・

 

ずばり、株式投資です。

 

「なんだ、株か!」「よく聞くけど、大損する可能性もあるし、元手も必要なんでしょ?」そう思ったあなた。最後まで聞いて損はないですよ。

 

さて、それでは以下の4ステップで、やり方を紹介します。これは実際に筆者が成功

した方法です。

 

①証券会社で口座を開く

・・・当たり前すぎますが。ネット証券会社を使うと手数料も低く、便利です。この理由は後述します。

 

②株式を積立てる

次のステップは、”積立て”です。ここが1つ目のポイントです。

元手がなくても大丈夫!と言ったのは、積立てによって誰もが元本を増やしながら不労収入を得られるからです。

 

毎月の積立てが一般的ですが、忙しい毎日を過ごしているとついつい買い忘れたりしますよね。

 

私の経験でも、つい買い付けを忘れたことがあります。なので証券会社のサービスのひとつとして今や当たり前の”自動積立て”を利用すると良いですよ。

 

さらに、「ついつい給料を使ってしまうから、毎月の積立はちょっと・・・」、という方は給料のうち証券会社で積立てる分を、「生活費とは別の銀行口座」に入金するとお金を捻出し易いです。

※会社によっては2つ以上の金融機関に入金出来ないかもしれませんが・・・

 

人間は弱い生き物ですから、「つい、うっかり積立て忘れた」、「誘惑に負けて、ついお金を使ってしまった!」の両方を避けるためには、

 

積立て費用を生活費とは別の銀行口座に入金⇒銀行から証券会社に入金⇒証券会社で定期積立て、というシステムを作れば半自動で積立てることが出来ます。これは不労収入を得られる黄金のメソッドです。これが2つ目のポイントです。

 

なお、ほとんどの証券会社には、積立て金の「銀行口座引落とし」のサービスがあるので、これを利用すれば全自動で積立てを行うことが出来ます。

 

さて、次が3つ目のポイントです。

 

株式を積立てる、って簡単に言うけど、「一体どうやって銘柄を選ぶのか?」と思った方もいますよね。

 

この記事のタイトルで「経験も不要」と書きました。株式投資の経験や知識が無くても、長期運用で勝率を上げる方法・・・それは"インデックス投資"です。

 

インデックス投資とは、日経平均やダウ平均といった株式の指数に連動するように、多数の株式で構成した投資信託やETFを買うことです。

 ※現在私は日本株インデックス運用していませんが、このことについては別途触れます。

 

インデックス投信やETFは、(i)多数の株式で構成されており、リスクを分散出来る、(ii)上場された企業は、経営状況を公開しているため、成績の悪い企業は証券取引所や、プロ・アマ問わず大勢の投資家から淘汰されるため、優れた企業が残っていく、(iii)銘柄選別が不要、という理由から、

 

(i)低リスク、(ii)長期的に高確率で利益が得られる、(iii)低コストという3拍子揃った夢のような商品です。

 

(ii)の「長期的に高確率で利益が得られる」という点については、下図(アメリカ ダウ平均株価の推移)を参照してもらえれば、納得が行くと思います。ちなみに年利は約8%です。

f:id:master_k:20180521004657p:plain

出展:ダウ平均株価の推移 - 世界経済のネタ帳

 

というわけで、株式のインデックス投信orETFを積み立てましょう。おススメは経済規模からいって、アメリカ株です(アメリカだけで世界の株式時価総額の約半分を占めています)。日本株を入れても良いですが、成績はイマイチです。また、債券を入れても良いですが、投資リターンは下がります。

 

世界各国のPER・PBR・時価総額 (毎月更新) - myINDEX

 

③配当金を再投資する

ETFや一部の投資信託の場合、配当金が発生します。この配当金も投資しましょう。

 

④複利の力が効き始める

 さて、元手も経験もスキルも要らない、この投資・・・元手がない場合の唯一の欠点が時間がかかることです。

 

それでは、毎月の積立で、どれくらいの期間で100万円の収入が得られるか計算してみます。

 

・毎月3万円、ボーナスは18万円(3か月分×2回の積立)積立て、年利8%

 

この場合、15年目で年収100万円を超えます。しかもこの時には積立て+運用益の総額が1500万円に達しています。

 

銀行預金だとほぼ利息0なので、積立て総額は810万円になります。なので、15年の時点で約700万円差、その後は毎年100万円以上の差が出ます。この差は大きい・・・

 

f:id:master_k:20180521011439j:plain

 

とは言え、15年は長いですよね。少し無理をして、倍の6万円を積み立てた場合はどうでしょうか。

 

・毎月6万円、ボーナスは36万円(3か月分×2回の積立)積立て、年利8%

 

f:id:master_k:20180521012005j:plain

 

この場合は10年で100万円を超えます。5年も短縮出来ますね。

 

次に、元手がある場合です。

 

・元手200万円。毎月3万円、ボーナスは18万円(3か月分×2回の積立)積立て、年利8%

 

f:id:master_k:20180521012528j:plain

 

この場合は12年で100万円達成出来ます。

 

いかがでしたでしょうか。

 

毎月3万円で15年は長すぎる!と思われたかもしれません。ただ、15年目からいきなり100万円発生するわけではなく、5年目では年25万円、10年目では53万円の収入が得られますよ。

 

あなたのやることは、たった4つだけです。「楽して儲ける方法なんてない」とよく聞きますが、この方法は唯一の例外ですので、ぜひ試してみてください。

 

結論:

 

・やることはたった4つだけ、月々の収入の一部を積立てて、インデックス投資信託を買えば、高い確率で利益が得られる。

 

・時間がかかるのが唯一の欠点。加速するには積立額を増やそう。

 

M.F.Y

プライバシーポリシー

●当サイトの広告について
当サイトは、第三者配信の広告サービス(Amazonアソシエイト、バリューコマース株式会社)を利用しています。 この事業者は、ユーザーの興味に応じた商品・サービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報Cookieを使用しています。Cookieには、氏名、住所、メール アドレス、電話番号の情報は含まれません。当サイトを閲覧する場合はCookieの利用に同意していただいたものと見なしますので、ご了承下さい。

●当サイトの解析ツールについて
当サイトでは、Googleが提供するアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」および「Googleサーチコンソール」を使用しています。 これらのツールはCookieを使用しています。Cookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。なお、データは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

●当サイトの投資に関する情報について
当サイトは株式およびETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等の金融商品の情報を取扱いますが、個人の見解を示しているものであり、売買等の取引を推奨、勧誘することを目的として提供しているものではありません。 当サイトの情報を元に行った売買に対し、私、master_kは責任を負うものではありません。投資判断の最終決定は、ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。

●お問合わせフォームはコチラ

お問合わせ先:shameless.masterk@gmail.com