shameless! 目指せ株で小遣い一億

~目指せ小遣い1億!資産運用結果をすべて晒すブログ~

shameless!ブログヘッダ

FUNDINNO第40号案件 TAAS株式会社のe-Pod Digital情報まとめ


Ads by Google

f:id:master_k:20180712225550p:plain

こんにちは。

 

master_kです。

 

今回はFUNDINNO(ファンディーノ)第40号案件 TAAS株式会社の情報まとめです。

 

申し込みは2018/7/15 20時から!

 

いつもなら前日ですが、今回は3日間もありますね。

 

ちなみに、数日前FUNDINNOに「前日では投資を検討する時間が足りないので、なんとかなりませんか」とメールを出したところ、

 

プロジェクトの事前開示日と申込開始日については事業者と相談のうえ定めており、事業者毎に異なりますので何卒ご理解くださいますようお願いいたします」という冷たいメールが返って来ました。

 

f:id:master_k:20180713055004p:plain

 

私の意見を反映してくれたわけではなさそうですw

 

 

 

fundinno.com

 

目次

 

1.概要

2.詳細な企業情報

 

1.概要

 

TAAS株式会社はe-Pod  Degitalという施錠された紙の回収ボックスを使い、

 

オフィスの機密書類を回収、処理するサービスを提供する会社です。

 

このサービスの素晴らしい所は、紙を回収する装置も、費用もタダだということです。

 

なぜ、タダに出来るのかというと、e-Pod  Degitalにデジタルサイネージ(電子広告板)をつけるからです。

 

さらに、この回収する装置にはトレーサビリティがあり、ちゃんと機密書類が処理されたか、確認出来るようです。

 

高性能なシュレッダーを導入するのはコストがかかるので、こういうサービスは良いかもしれませんね。

 

ちなみに、この案件、私は投資は控えます。以下にそのポイントを書きます。

 

・安心の溶解処理と言っていますが、再生紙としては普通だと思います(私が勤めている会社では過去に紙を使っていたので知っています)。

 

・広告をつけることで、無料にするということですが、これだと大規模なオフィスへの導入に限られるのではないでしょうか?小さいオフィスは広告の価値が下がるので。

 

・紙の処理費用は普通、無料か、逆にお金を払ってくれると思います。

※少なくとも、私が勤める会社ではシュレッダーをかけた書類を、紙資源回収会社が買い取ってくれています。

 

・これから、ますます紙を使わない社会になっていく。

 

ということを考えると、高いシュレッダーを買えないオフィスくらいにしか、需要がないのかな、と。

 

シュレッダーをかけるのは手間だ、という風にサイトには書かれていますが、はっきり言って能力の高いシュレッダーならほとんど手間も時間もかかりません。

 

一番の手間は、たくさんの資料をシュレッダーにかける場合に、「ホッチキスの針がついていないか確認して、針があれば外す作業」と「紙以外の資料が入っていないか確認する作業です」

 

残念ながら、e-Pod  Degitalはこの手間を解決出来なさそうです。

 

また、e-Pod  Degitalはこれから開発するようです(今回の調達資金の使途が、

e-Pod  Degital開発費用となっている)。

 

 

2.詳細な企業情報

 

 企業情報の詳細を以下にまとめました。  

 

■今後の事業計画

 

本格的に導入するのは2019年からのようです。

f:id:master_k:20180713062418j:plain

 

■一覧

 

TAAS株式会社の情報をまとめておきます。

社名 TAAS株式会社
ブランド名 e-Pod Digital
経営者 大越 隆行
経営者の経歴

2007年3月 関東学院大学人間環境学部卒。
2007-2010 株式会社grooves
2010-2015 アマゾンジャパン合同会社
・amazon史上初世界最年少事業責任者就任(26歳当時)
・18億円の事業を約2年で55億円まで事業成長させた
2015-2016 ランサーズ株式会社
2015-2016 Lancers  Philippines,Inc.設立。同社取締役。
・海外事業及び子会社「Lancers  Philippines  Inc.」創業・同社取締役。
2016年9月 TAAS合同会社を設立。同社代表へ就任。
2017年9月 TAAS株式会社へ屋号変更。同社代表取締役兼CEO。
2017年9月末 「e-Pod  for  Business」をサービス開始

事業 機密書類をタダで溶かして処理するサービスの提供
解決したい課題 機密処理に割く労務コストと処理費用、セキュリティの問題
課題解決のソリューション シュレッダーではなく、溶かして処理。広告により無償化。オフィスから出た後も追跡可能で、きちんと処理されたか確認出来る。
事業の優位性 特許や複雑なビジネスモデルによる高い参入障壁
設立 2016.9月
売上高(計画) 1568万円(2018)、1億8900万円(2019)
募集金額 5000万円(上限8500万円)
投資額 10/30/50万円
募集株価 5000円/株
発行済株式総数 101,000株
URL

https://www.taas.jp/

 

 

 

以上で、今回は終了です!

 

M.F.Y

 

●サイトマップへ

www.shameless1.com

プライバシーポリシー

●当サイトの広告について
当サイトは、第三者配信の広告サービス(Amazonアソシエイト、バリューコマース株式会社)を利用しています。 この事業者は、ユーザーの興味に応じた商品・サービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報Cookieを使用しています。Cookieには、氏名、住所、メール アドレス、電話番号の情報は含まれません。当サイトを閲覧する場合はCookieの利用に同意していただいたものと見なしますので、ご了承下さい。

●当サイトの解析ツールについて
当サイトでは、Googleが提供するアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」および「Googleサーチコンソール」を使用しています。 これらのツールはCookieを使用しています。Cookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。なお、データは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

●当サイトの投資に関する情報について
当サイトは株式およびETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等の金融商品の情報を取扱いますが、個人の見解を示しているものであり、売買等の取引を推奨、勧誘することを目的として提供しているものではありません。 当サイトの情報を元に行った売買に対し、私、master_kは責任を負うものではありません。投資判断の最終決定は、ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。

●お問合わせフォームはコチラ

お問合わせ先:shameless.masterk@gmail.com