shameless! 目指せ株で小遣い一億

~目指せ小遣い1億!資産運用結果をすべて晒すブログ~

日本の高配当株投資と連続増配株投資は儲かるのか検証してみた


Ads by Google

f:id:master_k:20190107064244j:plain


こんにちは、master_kです。

 

巷では高配当株投資や優待株、連続増配株投資が人気です。

 

2018年は株価が乱高下しつつも下落基調だったため、今回の記事ではディフェンシブ投資とも言われる高配当株や連続増配株は儲かるのか?を日本株で検証してみました。

 

その結果、「いずれの投資方法もTOPIXより大きくアウトパフォームする」こと、「連続増配株が高配当株よりも圧倒的に儲かる」ことが分かりました。

 

それでは本文です。

 

目次

 

1.高配当株と連続増配株どれくらい儲かるか

2.利益のうち配当収入はどれくらいか

3.個別の成績

 

1.高配当株と連続増配株どれくらい儲かるか

 

高配当株と連続増配株、どちらが儲かるのか、という検証を以下の前提で行いました。

 

・100万円を原資とする
・原資全額で、2008年に高配当株、連続増配株それぞれ5社の株を均等購入する(20万円×5社)
・配当収入は全額再投資する(翌年の1月に一括購入する。購入比率は5社均等とする)
・この運用を2008年から2017年までの10年間行う

・高配当株5社の選定は、①売上高1兆円以上、②経常利益率5%以上、③同業種から1社のみとして、2019/1/4の配当利回り順で選定した
・連続増配株は、ZAIの2017年の記事から選んだ(以下リンク参照)

diamond.jp


高配当株のデータは以下の通りです。

 

会社名 配当利回り
日産自 4.45%
みずほ 3.92%
積水ハウス 3.85%
三菱商事 3.83%
NTTドコモ 3.55%

 

連続増配株のデータは以下の通りです。

 

会社名 配当利回り 連続増配年数 配当増配率
花王 1.44% 27年 108%
明光ネットワーク
ジャパン
3.75% 19年 233%
SPK 2.17% 19年 58%
三菱UFJリース 2.87% 18年 213%
KDDI 3.09% 15年 437%

※ZAI記事ではUSSという企業が2位にランクインしていましたが、配当金データがネットになかったので、6位のKDDIを使用しました。

※増配率は連続増配開始から2017年までデータです。

 

さて、前提が長くなりました。結果は以下のようになりました。

f:id:master_k:20190107064659p:plain


・高配当株は100万円から、153万円まで増えています。
・連続増配株は、なんと306万円まで増えています。
・どちらもTOPIXを大きくアウトパフォームしています。
※配当込みTOPIXのデータが無かったので、配当金2%と仮定して算出しました。TOPIXより高利回りな仮定のため、実際のTOPIXの成績はもっと悪いです。

 

というわけで、高配当株は儲かります!

 

一方、TOPIXは、ここ30年でほとんど伸びていません。


インデックス投資や年金の運用の説明で、「株式は長期的には、右肩上りに上昇します」という説明がよくありますが、

 

日本はそうなっていませんので、TOPIXによるインデックス投資は避けた方が良いと思います。

 

また、日本では連続増配株はあまり人気がないようですが(米国株投資ではよく聞きます)、高配当株投資よりも圧倒的に高パフォーマンスであることが分かりました。

 

ただし、得られた利益のうち大半が値上がり益であり、配当金によるものではありません。

 

連続増配出来るだけの安定した経営を行う企業の価値が上昇しているということでしょう。

 

次の章で、それぞれの配当収入がどれくらいかまとめてみました。

 

2.利益のうち配当収入はどれくらいか

 

高配当株投資、連続増配株投資の利益のうち、配当収入がどれくらいかまとめてみました。

 

  高配当株 連続増配株
利益(万円) 53.0 205.7
配当金累計(万円) 27.9 48.4
配当金の占める割合 52.6% 23.5%

※得た配当金の累積値をまとめています。配当金再投資により購入した株価の値上がり益は含めていません。

 

結果は、

・高配当株は利益のうち約50%が配当金収入
・連続増配株は利益のうち約20%が配当金収入

となりました。

 

というわけで、高配当株の場合は利益の大半が配当金によるもの、連続増配株は利益の大半が株価上昇であることが分かります。

 

※配当金と値上がり益に興味がある方は以下もおススメです。筆者の10年間の運用成績では、やはり値上がり益の方が圧倒的に大きいです。

●10年分の株式の配当金と売却益どちらが多いか?まとめてみた結果

www.shameless1.com

 

今回の場合は、100万円を投資して10年間追加投資はなしという前提でした。

 

それでも、10年間で累積配当金が30~50万円得られる結果なので、追加投資を行えばかなりの配当金を得られますね。

 

例えば、毎年100万円追加投資すれば、原資は1000万円、累積配当金累積は150~250万円くらいになります。

 

高配当投資は、「株価下落しても配当金が得られることで安心できる」と言われていますが、一理あります。

 

まとめてみると、いろいろ分かるものですね。

 

3.個別の成績

 

最後に個別の成績です。

 

f:id:master_k:20190107065048p:plain

 

これを見ると、圧倒的にみずほの成績が悪いことが分かります。これは、業績が悪く株価が下落したからです。

 

最後に、高配当株、連続増配株投資の注意すべき点を挙げておきます。

 

それは、「高配当株だから良い、連続増配株だから良いということではない」ということです。

 

いずれの株も、競争力があるから、安定した経営が出来るから、高配当や連続増配を達成出来ているわけです。

 

したがって、業績が悪くなれば、高配当も増配もあり得ません。

 

例えば、明光ネットワークは2018年に業績悪化で連続増配が止まっています。この会社学習塾(明光義塾)を経営していますが、少子化の日本では当然と言えば当然です。

 

このように、これらの投資法を選ぶ場合でも、個別株の業績や業界の成長性などを見極める必要がありますので、注意しましょう。

 

 それでは、今回はこのあたりで。

 

M.F.Y

 

 

●サイトマップへ

www.shameless1.com

プライバシーポリシー

●当サイトの広告について
当サイトは、第三者配信の広告サービス(Amazonアソシエイト、バリューコマース株式会社)を利用しています。 この事業者は、ユーザーの興味に応じた商品・サービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報Cookieを使用しています。Cookieには、氏名、住所、メール アドレス、電話番号の情報は含まれません。当サイトを閲覧する場合はCookieの利用に同意していただいたものと見なしますので、ご了承下さい。

●当サイトの解析ツールについて
当サイトでは、Googleが提供するアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」および「Googleサーチコンソール」を使用しています。 これらのツールはCookieを使用しています。Cookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。なお、データは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

●当サイトの投資に関する情報について
当サイトは株式およびETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等の金融商品の情報を取扱いますが、個人の見解を示しているものであり、売買等の取引を推奨、勧誘することを目的として提供しているものではありません。 当サイトの情報を元に行った売買に対し、私、master_kは責任を負うものではありません。投資判断の最終決定は、ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。

●お問合わせフォームはコチラ

お問合わせ先:shameless.masterk@gmail.com