shameless! 目指せ株で小遣い一億

~目指せ小遣い1億!資産運用結果をすべて晒すブログ~

shameless!ブログヘッダ

海外旅行におススメ 病気やケガでキャンセルが心配?それ保険で補償できる!


Ads by Google

HISキャンセルサポート

こんにちは。master_kです。

 

今回の記事は、旅行の予定を立てたけど、「急に仕事が休めなくなるかも」、「子供が小さくて体調を崩すことが多く、旅行に行けるか心配」という方に、とても使い勝手のよいキャンセル料保険を紹介する記事です。

※今回紹介する保険はHISだけのものです。他の旅行会社では扱っていないのでご留意ください。

 

私は今夏、家族で海外旅行に行く予定でしたが、子供が急に体調を崩し、前日に旅行をキャンセルしました。

 

本来なら旅費の50%、約22万円のキャンセル料を払う必要がありましたが、保険のおかげで約2万円で済みました。

 

掛け金は3000円だったので、費用対効果はバツグンですよね!

 

この夏、HISで旅行に行くから、キャンセル保険をかけたい!という方は是非、本文にどうぞ。

 

すでに旅行契約をしていても、旅行開始の3日前までなら加入可能ですよ!

 

目次

 

旅行のキャンセル料と保険金額

 

まず初めに、今回の旅行のキャンセル料と保険金額を示します。

 

旅行の費用は44.8万円、キャンセル料は21.6万円(旅費総額から空港使用料等を除いた部分の50%)、返金額は23.1万円でした。

 

私が入った保険は、「体調不良によるキャンセル」の場合、キャンセル料の9割の保険金を受け取れるため、自己負担額は2.2万円でした。

キャンセル料 21.6万円
旅行費用返金額 23.1万円
   
キャンセル料補償(保険) 19.4万円
   
キャンセル料自己負担 2.2万円

 

つまり、保険に入ったことによって、19.4万円もお得になったのです。

 

どんなキャンセルに有効?

 

このキャンセル保険はどんな場合に有効なのでしょうか?

 

下表に全例を挙げます。

補償される例 補償額
①本人、②同行予約者、③本人の配偶者、④本人の3親等内の親族の死亡・危篤 100%
①本人、②本人の配偶者、③本人の2親等内の親族の入院 100%
本人が搭乗している航空機、船舶が行方不明となった場合、山岳登はん中に遭難した場合 100%
事故により、本人が捜索または救助活動の対象となった場合 100%
居住する建物、収容される家財が100万円以上の損害を受けた場合
(火災、落雷、風水害等)
100%
裁判所に出頭する場合 100%
渡航先の自然災害、戦争・暴動・テロ、利用予定の輸送機関、宿泊先の事故・火災、政府・公館による退避あるいは渡航中止勧告 100%
本人に対して、官公所、外国出入国規制、感染症の隔離などの命令があった場合 100%
公共交通機関の2時間以上の遅延、運休 100%
勤務先が倒産した場合 100%
本人、配偶者、2親等以内の親族のケガ、または病気による通院
(出発日の前日、当日、翌日に通院した場合)
90%
出張業務を命じられた場合
(国内の場合は2泊以上)
90%
ペットの死亡 90%
婚約破棄・離婚した場合 90%
妊娠・出産・早産・流産した場合 90%
パスポートの自宅置き忘れ、有効期限切れ、盗まれた場合 90%

 

このようにHISのキャンセルサポートは幅広い事由を補償してくれます。ここまで補償対象が広い保険はHISだけです。

 

私の場合は、息子の体調不良だったので、「本人、配偶者、2親等以内の親族のケガ、または病気による通院」が適用され、

 

キャンセル料の90%が補償されました。

 

キャンセルサポートの費用

 

次にキャンセルサポートの費用を説明します。

 

費用は補償額によって変わりますが、保険金1000円あたり10万円の補償を受けることが出来ます。

保険料 最大補償額
1,000円 10万円
2,000円 20万円
3,000円 30万円
4,000円 40万円

 

受けたい補償額によって最適な保険金額にすれば良いのです。

 

今回のケースで考えてみます。

旅行者 旅費 キャンセル料
2日前~当日 ツアー開始後
子供 ¥94,800 ¥47,400 ¥94,800
大人1 ¥168,800 ¥84,400 ¥168,800
大人2 ¥168,800 ¥84,400 ¥168,800

 

ツアー開始後にキャンセルすることはまずないでしょうから、補償額は一人当たり10万円で十分なことが分かりますね。

 

なので、今回の保険金額は3人分で3,000円です。

 

かけ捨て保険のため、「保険金を請求しない場合は捨て金」なのですが、3,000円で、最大21.6万円の補償を受けられるなら安いものです。

 

ところで、朝早く出発するツアーをキャンセルする場合は、絶対に注意してほしいポイントがあります。

 

旅行の当日キャンセルの場合、キャンセル料は50%です。ただし、「HISの店舗が確認した時点で、キャンセルが成立」します。

 

なので、例えばツアーの出発が午前8時の場合、当日の朝キャンセルすることが出来ません(HISの店舗が開いていないため)。

 

HISの店舗が10時にオープンして、その後にキャンセル連絡した場合、「当日キャンセル」ではなく、「ツアー出発後のキャンセル」となり、「キャンセル料は100%」になります。

 

Point!:朝早いツアーをキャンセルする場合は、前日のHIS店舗が閉店するまでに行いましょう。

 

これだけで、キャンセル費用が数十万円増えることもありますよ。

 

実際、私の場合は運よく前日夜にキャンセル連絡をしたのですが、そうでなければキャンセル料は43.2万円になっていました。

 

今回の旅費

 

最後に実際の費用を紹介しておきます。

HIS請求書


※費用のうち、空港施設利用料以下の部分は返金されます

 

それ以外の旅費のの50%がキャンセル料として請求されます。

 

おわりに

今回の旅行出発3日前に子供が急に39℃の高熱を出し、嘔吐したので、旅行に行けるかどうか様子を見ていました。

 

高熱は出発2日前におさまったのですが、1日前には手足に発疹が出てきました。

 

病院に行ったところ、診断結果は「手足口病」でした。

 

①子供の手足口病が重症化するとキケン(髄膜炎などの重い症状になることがある)
②他人に伝染る可能性がある

 (唾液、水疱、便から感染する。プールリゾート滞在なので他人に迷惑)
③大人に感染して重症化する可能性がある

 (症状が重いと歩けない、水が飲めないなど入院するケースもある)

 

これらの懸念を踏まえ、旅行はキャンセルし、家でおとなしくすることにしました。

 

そして、結局・・・私master_kに手足口病がうつってしまいました!

 

手足口病


キーボードを打つと、痛くて痛くて・・・

 

しかも夜もかゆくて眠れない日々を過ごしています。

 

本当に旅行に行かなくてよかった。

 

キャンセル料は2万円かかりましたが、旅行に行って、手足口病が重症化したら、45万円払い損ですからね。

 

それでは、今回の記事はこれで終わりです。

 

夏にHISで旅行を予定されている方はご一考ください。この保険は本当におススメですよ。

 

それでは、今回の記事は以上です。

 

●この記事を読んだあなたに以下もオススメです

JR長距離切符を使い倒す方法!

www.shameless1.com

 ●サイトマップへ

www.shameless1.com

プライバシーポリシー

●当サイトの広告について
当サイトは、第三者配信の広告サービス(Amazonアソシエイト、バリューコマース株式会社)を利用しています。 この事業者は、ユーザーの興味に応じた商品・サービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報Cookieを使用しています。Cookieには、氏名、住所、メール アドレス、電話番号の情報は含まれません。当サイトを閲覧する場合はCookieの利用に同意していただいたものと見なしますので、ご了承下さい。

●当サイトの解析ツールについて
当サイトでは、Googleが提供するアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」および「Googleサーチコンソール」を使用しています。 これらのツールはCookieを使用しています。Cookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。なお、データは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

●当サイトの投資に関する情報について
当サイトは株式およびETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等の金融商品の情報を取扱いますが、個人の見解を示しているものであり、売買等の取引を推奨、勧誘することを目的として提供しているものではありません。 当サイトの情報を元に行った売買に対し、私、master_kは責任を負うものではありません。投資判断の最終決定は、ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。

●お問合わせフォームはコチラ

お問合わせ先:shameless.masterk@gmail.com