shameless! 目指せ株で小遣い一億

~目指せ小遣い1億!資産運用結果をすべて晒すブログ~

shameless!ブログヘッダ

貸株はお得? ほとんどの銘柄はやめた方がよい理由


Ads by Google

貸株金利タイトル
こんにちは。master_kです。

 

あなたは貸株サービス(※)を使っていますか?
※証券会社に株を貸出し、金利を受け取るサービス

 

私はこれまで、すべての株式を貸株にしていました。

 

今回検証したところ、 貸株はリスクに見合っておらず、基本的にやるべきでないと考えましたので、その内容を紹介します。

 

また、 「リスクを抑えつつ、貸株はやりたい」という方におススメの方法も紹介しています♪

 

それでは本文にどうぞ。

 

目次

 

 

貸株ってなに?

 

貸株とはあなたが証券会社に保有する株式を貸出して、金利を得るサービスです。

貸株のイメージ

monex証券websiteより引用

株は機関に貸し出されます。その用途は機関の自由ですが、主に信用売り(空売り)に使用されます。

 

金利は、証券会社各社が自由に設定しますが、基本は年利0.1%です。

www.ipokiso.com

タイミングによっては特定の銘柄にボーナス金利(~年利15%)を設定していることもあります。

貸株ボーナス金利の例

monex証券websiteより引用(2019.8.12現在のボーナス金利の高い順)

 

金利が高い理由は、「需要がある(供給が追い付いていていない)」ということですから、要するに空売りをしたいのに、株が不足している銘柄ということです。

 

ボーナス金利銘柄は、需給の厳しそうな小型株ばっかりですよね?

 

貸株のリスクは?

これまでの紹介を見ると、「売買しない株を貸出すだけで金利がもらえるなんてラッキー!」と思う人もいるかもしれませんが、貸株にはリスクがあります。

 

(まぁ、貸株に限らず、世の中モノを貸すことにはリスクが付き物です)

 

リスクは主に2点です。

・貸株中に証券会社が倒産した場合、投資者保護基金による保護対象にはなりません(担保のない債権者になる)。
・継続保有株主でなくなる可能性がある(長期保有の株主優待を受けられなくなるかも)

 

前者は、通常の株式が投資者保護基金による保護対象になる(証券会社以外があなたの株式を管理している)のに対して、株を貸した場合は、保護基金の対象ではなくなるということです。

 

後者の補足説明です。株を貸すと名義が変更になるので、株主優待が取得できなくなります。このため、証券会社は、「株主優待の権利確定日の前後だけ、あなたの名義に戻す」というサービスを備えています。

 

しかしながら、株主優待の権利確定日と継続保有の株主名義確認日が異なる場合、継続保有株主でなくなってしまいます。

 

以上のリスクをしっかり理解した上で、貸株サービスを受けることがポイントです。

  

貸株量はどのくらい?

それでは、貸株量は実際にどのくらいもらえるのしょうか。計算してみましょう。

 

私の場合は、日本の個別株式を約630万円分保有しています。

 

これらの株式をすべて貸出すと、貸株量は年間16,403円です(私が利用しているmonex証券の場合)。

銘柄名 貸株金利 評価額 貸株量
トレードワークス 5.0% 115,300 5,765
広栄化学工業 1.0% 162,200 1,622
オークマ 1.0% 49,900 499
本州化学工業 0.5% 113,700 569
科研製薬 0.5% 144,450 722
荒川化学工業 0.5% 268,400 1,342
ダイビル 0.5% 99,100 496
タケエイ 0.1% 194,200 194
ZOZO 0.1% 313,050 313
クラレ 0.1% 246,000 246
旭化成 0.1% 93,470 93
パピレス 0.1% 82,000 82
ポールトゥウィン・PH 0.1% 222,400 222
オークファン 0.1% 82,400 82
マクロミル 0.1% 100,100 100
ビーグリー 0.1% 268,800 269
関東電化工業 0.1% 249,200 249
三菱ケミカルH 0.1% 217,830 218
エーザイ 0.1% 220,160 220
小野薬品工業 0.1% 200,150 200
東計電算 0.1% 90,450 90
東映アニメーション 0.1% 344,625 345
JXTG 0.1% 136,620 137
TOTO 0.1% 19,950 20
LIXILグループ 0.1% 53,340 53
エンバイオH 0.1% 92,200 92
小田原エンジニアリング 0.1% 199,700 200
テセック 0.1% 96,900 97
東芝 0.1% 63,900 64
ライトアップ 0.1% 160,000 160
日本電産 0.1% 85,704 86
日産自動車 0.1% 67,570 68
東京精密 0.1% 336,000 336
キヤノン 0.1% 43,005 43
三井物産 0.1% 166,200 166
住友商事 0.1% 231,225 231
スルガ銀行 0.1% 36,500 37
NTTドコモ 0.1% 263,550 264
東京電力H 0.1% 103,000 103
北海道電力 0.1% 107,600 108
ソフトバンクグループ 0.1% 200,560 201
       
合計 - 6,341,409 16,403

 

※貸株金利は年利。貸株量は年間の値。

 

年間16,000円というと、リスクを取る割にリターンが少ない気もしますね。まぁ、証券会社が破綻するリスクがどれくらいか、と言われると判断が難しいところですが。

 

下記を自問自答してみれば、良いのではないでしょうか?

 

「世の中に株式を保護するサービスがないと仮定する。だが、年間16,000円払えば、630万円の株式を全額保護できる保険がある。その保険に入りたいと思うか?」

 

私なら 証券会社破綻して630万円無くなるのはイヤなので、16,000円喜んで払います。なので、貸株は基本的にやらない方がよいと考えています。

 

あなたの答えはどうでしたか?

 

「そんな保険いらない!」、「証券会社そんな簡単に破綻しない」という人もいるでしょう。

 

そう考える人は、貸株サービスをやればよいのです。

 

リスクは抑えて貸株量を得る方法

 

それでは最後に・・・ 貸株金利は欲しいけど、リスクは怖いという方におススメの方法を紹介します。

 

これは、「貸株はまったくやらない」、「全株貸出す」という二元論ではなく、「リスクは抑えつつ、しっかり貸株金利を得る」という方法です。

 

さきほどの630万円分の株式すべてを貸出した場合と、ボーナス金利対象銘柄(0.5%以上)を貸出した場合を比較してみます。

貸株量の比較(通常金利・ボーナス金利)


どうでしょうか?

 

貸株金利の大半(数字にすると67%です)が、ボーナス金利銘柄だということが分かると思います。

 

次に、これらの貸株金利の原資(評価額)も考えてみましょう。

 

下図を見ると、ボーナス金利銘柄は評価額95万円に対して貸株金利1.1万円、非ボーナス銘柄は評価額539万円に対して、貸株金利0.5万円です。

貸株金利と原資


もうお分かりでしょうか?

 

要するに、ボーナス金利銘柄だけ貸出せば良いのです。

 

これなら毎年1.1万円の金利が得られる上、万一証券会社が倒産しても、失う金額は最大で95万円です。

 

これと比較すれば、 毎年0.5万円の金利のために539万円の株式をリスクにかけるのは、割に合わない気がするのは私だけでしょうか?

 

いかがでしたでしょうか?

 

実は、私は今まですべての株式を貸出していました。

 

でも、これを機にボーナス銘柄だけに変えようと思います。


それでは、今回の記事は以上です。

 

M.F.Y!

 

●サイトマップへ

www.shameless1.com

プライバシーポリシー

●当サイトの広告について
当サイトは、第三者配信の広告サービス(Amazonアソシエイト、バリューコマース株式会社)を利用しています。 この事業者は、ユーザーの興味に応じた商品・サービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報Cookieを使用しています。Cookieには、氏名、住所、メール アドレス、電話番号の情報は含まれません。当サイトを閲覧する場合はCookieの利用に同意していただいたものと見なしますので、ご了承下さい。

●当サイトの解析ツールについて
当サイトでは、Googleが提供するアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」および「Googleサーチコンソール」を使用しています。 これらのツールはCookieを使用しています。Cookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。なお、データは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

●当サイトの投資に関する情報について
当サイトは株式およびETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等の金融商品の情報を取扱いますが、個人の見解を示しているものであり、売買等の取引を推奨、勧誘することを目的として提供しているものではありません。 当サイトの情報を元に行った売買に対し、私、master_kは責任を負うものではありません。投資判断の最終決定は、ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。

●お問合わせフォームはコチラ

お問合わせ先:shameless.masterk@gmail.com